60代になって選んだ喪服は丸首のワンピース+テーラードジャケットのセット

社会人になった時に初めて自分で喪服を購入したのですが、60代後半になった時に新たな喪服を購入しました。あまり着る機会がないことと体型が変わらなかったのでずっと着続けることができたために、ずいぶん長い期間同じ喪服で間に合わせていました。

新たな喪服を購入しようと考えたのは、年齢にふさわしいデザインと質の喪服が欲しくなったため。以前の喪服はそれほど安っぽいものではなかったのですが、当時2万円程度でデザインもどちらかといえば若い人向き。喪服は「じっくり見ると黒の色合いや品質がわかるんだ」と感じ始めるようになったのも、新調するきっかけとなりました。

今は通販でも多くの喪服が販売されているのですが、やはり質感や色合いは実際に手に取ってみないとわからないもの。そこで某百貨店に赴き、選ぶことにしました。選ぶ際に考えたポイントはいくつかありますが、まずはデザインへのこだわり。シンプルで飽きがこなく、年齢を重ねても着ることができるデザインを選びました。

具体的に言うと、半袖の丸首のワンピース+テーラードジャケットのセット。ワンピースのメリットとして、多少体型が変わってもお腹周りも目立ちませんし、ウエストサイズが変わってもキツくて履けなくなったということがないからです。

スカートの長さも、以前の喪服よりも長めでスタイルがキレイに品よく見えることをポイントにしました。ジャケットは長袖と五分袖の2着がセットになっていたので、季節を問わず着ることができるのも決め手となりました。さらにそれぞれ単品で着回しができるのも嬉しいポイントです。合わせてブラックの色合いにもこだわりました。

同じブラックでも、良く見るとその深さには違いがあり、いわゆる漆黒と呼ばれる深いブラックに見えるものを選びました。

価格的には決して安くありませんでしたが、これからまた長く着ていくこと、そして自分の年齢も考えると、良い喪服選びができたと思っています。

ちなみに60代の私が喪服選びに参考にしたのは⇒https://www.aichijuren.jp/